なぜ活性酸素は体内に悪影響を及ぼしてしまうのか?

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。コールセンター勤務です。

私は餃子とラーメンとビールっていう組み合わせがめっちゃ好きで、嫌な問い合わせがあったときはストレス発散にやってしまいます。

全然一人で渋谷の王将に入れちゃうんで、同僚の男の子に見られると、「また1人飲みかよー」なんて言われちゃいます。でもこれが至福の時だからやめられないんですよね。

タバコは控えめにしていますよ。肌をきれいにしたいので、我慢しています。代わりにガム食べたり飴なめたりしてます。

この間、サウナに行ってきました。サウナっていっぱい汗かくから気持ちいいですよね。私って冷え性なので、サウナでいっぱい汗かくのがすごくデトックスできたみたいで、老廃物が排出されてお肌すべすべになりました!

汗かくのっていいですね!ホットヨガとか、毎週通うのはお金かかるけど、サウナだったら毎週行ってもいいかなって思うので、美肌のために行ってみるのもいいかなって思いました。

これだけ汗かくってこと、運動してもないですからね。気持ちいいです。エステ替わりにサウナっていう手もありかも!

活性酸素について今日も研究です!

酸素は実は危険な気体です

活性酸素は不対電子を持っているため、近くの分子や原子から電子を強奪します。これが「酸化」です。

すると今度は、電子を奪われた分子自体が不対電子を持つことになりますので、一転、被害者が加害者に立場を変え、周辺の分子を襲って電子を奪い取ります。そして、その分子がまた隣の分子を襲って……と、このように、活性酸素が発生すると、電子の強奪合戦が連鎖反応的に広がることになります。

ではでは、この電子の強奪合戦が私たちのからだの中で起こったら、一体どうなるのでしょうか。私たちの細胞は次々に酸化され、正常な働きを失って、組織や器官にさまざまな障害や病気が引き起こされてしまいます。

活性酸素による酸化が本当に恐ろしいのは、この連鎖反応によって、障害が各部に広がることなのです。からだのさまざまな反応は″化学反応″です。

「生命」とは何かという問題については、最先端科学でもまだまだ解明できていないことだらけですが、こと生命「活動」に関していえば、すべて″化学反応″で説明できると断言してさしつかえありません。

ですから、今や化学的な説明を抜きには、からだの病気や健康については語れないのです。逆にいえば、化学の観点からからだの営みや健康を理解すれば、自然に本質が見えてくる、というものなのです。

ともあれ、これら活性酸素は、実は私たちのからだの内部でも発生しています。それも時折偶然発生するといった軽いものではなくて、四六時中、からだのあちこちで生じており、この人体内で発生する活性酸素こそが、私たちが本気で戦わなければならない相手なのです。

体をさびさせ老化させてしまいますから、なんとしても活性酸素をどうにかやっつけたいですね。

「活性酸素」の四人の悪たちがいます。活性酸素というのは一種類だけではありません。主なもので四つのタイプがあり、それぞれがお互いに密接に関係しているのです。

私たちが呼吸で普通に吸っている気体の酸素分子は、「三重項酸素」と呼ばれるもので、活性酸素の仲間には入りません。ただしこれも、空気に長い問さらされている鉄のクギがゆっくりさびていくように、弱いながらも酸化力を持っています。

先に述べた酸素分子の二組の不対電子のカップルのうち、一組がきちんとカップルにならず、チャンスがあれば他の原子のまわりを回っている電子とくっつこうと、いつも機をうかがっているからです。

この「三重項酸素」に絶好のチャシスが訪れ、何かの拍子に他から電子が一つ得られると、カップルが解消され、不対電子が一個できます。これが最もポピュラーな活性酸素で「スーパーオキシド」といいます。

これは二重項酸素に比べてはるかに酸化力(他の分子から電子を奪う力)が強いものです。次にこの「スーパーオキシド」が水の分子に働きかけ、「過酸化水素」をつくります。

この過酸化水素は不対電子を持ってはいないのですが、わずかなきっかけで不対電子ができてしまう不安定な物質なので、活性酸素一家の仲間に入ります。「過酸化水素」はオキシドールとも呼ばれ、傷口などの消毒液に使われることはご存知でしょう。ちなみに、「オキシフル」というのは商品名です。

これを患部にかけると白いあわが吹き出して、傷口がしみます。これは過酸化水素が患部についたバイ菌を「酸化」し、殺菌している証拠なのです。

小さいころ、よく転んでシュワシュワーってなるのを楽しんでみていました。最初は怖かったですが。

この過酸化水素もからだの内部でよく発生するポピュラーな活性酸素です。三番目は「一重項酸素」なるものです。これは三重項酸素の仲のよくないはずの一組のカップルの不対電子の一個が、カップルとして一つの軌道に入るのではなく、いわば相手の軌道に″押し掛け女一房″してしまったものといえます。

こういう感じに考えるとわかりやすいですね。

となれば、もといた軌道がからつぽになった状態になり、この一重項酸素には不対電子が存在しないことになります。が、しかし、この″からつぽの軌道″が二個の電子を強く求めるため、強力な酸化力を発揮するのです。

そして、最後に登場するのが、四つの活性酸素の一家の中で、最強のワル(笑)!「ヒドロキシルラジカル」です。

これは、過酸化水素が二つに割れた形をしており、強力な酸化力を持っています。ただし、弱点もあります。一般に、活性酸素がその形で存在している時間100万分の1秒といった単位で、非常に短時間であり、しかもこのヒドロキシルラジカルは、その中でも寿命が極端に短いのです。

人間でいえば、″太く短く″の人生とでもたとえたらよいかもしれません。以上のように、活性酸素は「スーパーオキシド」、「過酸化水素」、「一重項酸素」、「ヒドロキシルラジカル」の四人でファミリーを形成しています。

そして、これらのワルたちは、私たちのからだの中で互いに変身をくり返しているのです。たとえば、スーパーオキシドが過酸化水素に形を変えたり、過酸化水素がヒドロキシルラジカルになったりというのがそれで、電子のやりとりで頻繁に変化しているのです。

人の人生や生活に例えて考えてみるとちょっと面白いです。とにもかくにも活性酸素は体内にとって悪影響を与えるものなので、極力活性酸素を発生させないように気を付けたいと思います。

アラフォーの私にとっては老化はとってもこわいですー!!いつまでも若くありたいっていうのが世の女性の常ですよね。

酸素は濃度が高すぎても体に良くないんです

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。コールセンター勤務です。

私は、結構家に人呼ぶの好きなので、料理作って家のみをよくやっています。安上がりですね~。家のみって。

料理好きで、手料理をふるまっているんですが、結構みんな残すんですよね。美味しいって言ってくれるんですけど、まさか、そう思われていないなんてことあったりして(T_T)

この会社でずっと働こうって決めて家の場所も渋谷にしたんです。だから徒歩15分くらいで着くんで、時々給料日前でお金ピンチだと家に帰ってごはん食べに行きます(笑)

家から会社まで近いっていうのはありがたいことです。たまり場になりますけどね(笑)

でも、独り身だから、こうやってみんなが遊びに来てくれるのは寂しさを感じないので、これもまた彼氏ができない一因なのかもしれません。仕事終わってぐだぐだうちで飲んで、朝みんなが帰るっていうのもひどいと毎週やっています(笑)

もう学生じゃないんだし、こういうの良くないなと思いつつも楽しいからやめられないんですよね。

飲んだばっかりのダメな習慣をそろそろやめないといけないな~とは思っています。

そんな私が、今日も活性酸素について書いていきます(笑)

昨日の続きで不対電子のお話からです。

不対電子が化学変化を起こす

酸素原子は原子核のまわりに八個の電子が飛び回っている構造になっています。この八個の電子が二個ずつペアになって四つの軌道をそれぞれ回れば、八方丸くおさまるのですが、人間でもどうしても相性が合わない人がいるように、酸素原子の人個の電子の中にも、一つの軌道に入るのが互いにいやな二個の電子がいて、各々一つずつの軌道を孤独によわっています。

つまり、二個の不対電子があるわけです。そして、この二個の不対電子は、別の原子にパートナーを求め、他の原子から電子を略奪し、カップルになろうといつも機をうかがっています。

「化学変化」をしたくてたまらないからです。先に、「酸化」とは「物質が酸素と結びつく変化」といいました。

これは、小学校か中学校で習ったな~と何となく思われたかと思います。

この説明はもちろん正しいのですが、物質が酸素と結びつくとき、普通、電子を酸素の不対電子に奪われてしまうので、現在では酸化は「電子を奪われること」というように広く定義されています。したがって、今でいう「酸化」は、必ずしも酸素がなくても起こる現象といえます。

なんだか難しい化学のお話になってきましたが、酸化が必ずしも酸素を必要としないなんて驚きです!

酸素濃度の高い空気を吸えば、様々な障害が引き起こされます。100%の濃度の酸素は逆に身体によくないんですね。

土中に住む虫を使った実験では、酸素濃度が高いほど、死亡率が高くなるということがっ実験結果で判明されたそうです。

なぜ「フリーラジカル」と呼ばれるか

私たちが呼吸している酸素分子の化学式は02(オーツー)です。これは二つの酸素原子(0)の四個の不対電子のうちの二個が一組のカップルになり、やや安定状態に近い形といえます。

あらゆる原子の中で最も小さな原子は水素原子(H)で、水素原子の原子核のまわりには一個の電子しか回っていません。つまり、水素原子には不対電子が一個あるわけですから、二つの原子が結びついて電子が互いにカップルになれば、安定した水素分子になるわけです。

また、水の分子(H2O)は、一つの酸素原子の二個の不対電子と、二つの水素原子の不対電子が、それぞれカップルになってうまくおさまったものといえます。

しかし、このやや安定している酸素分子に、何らかの原因で他から電子が一個飛び込んできて、片方の不対電子とカップルになると、さて、どうなるでしょう。

残された方の不対電子は一人ぼっちで淋しくなり、猛烈にパートナーを探し始めるのです。このように、淋しい不対電子を持っているものを「フリーラジカル」といいます。ラジカルとは「過激な」という意味です。

足りない電子を補うため、相手かまわず攻撃を仕掛け、無理矢理に電子を奪い取る過激な一匹狼―それが「フリーラジカル」で、酸素が不対電子を持ってラジカルに変身したものが「活性酸素」なのです。

水素がH2Oとか、酸素がO2とか、文系の私にはなんだな懐かしい話ばかりで、こういう勉強をすることって大人になってなかなかないから、楽しいです。

水は2つの水素の不対電子と、酸素の2個の不対電子がカップルになって安定したものなのです。

電子がほしいために、ほかの物質から電子を奪うラジカルな酸素のことを「活性酸素」っていうんですね。こうして、酸素が活性酸素に変わるんです。

しばらくこんなに難しいこと勉強することなかったので、新鮮でした。最初は頭つかって大変でしたが、アラフォーでこういうこと勉強するのはちょっと楽しいです。少し勉強に目覚めました!少しは頭柔らかくなったかも!?

これを機にTOEICでも勉強始めてみようかと思ってしまいました。英語が苦手なんですが、英語は勉強しておいて絶対損になりませんからね!私はコールセンター勤務だから関係ないんですが、会社自体がTOEICのスコアを求めてきているので、私もいいスコアとって正社員への道にと考えています。

身体に良いといわれている酸素はなぜ活性酸素に変わるのか?

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。コールセンター勤務です。

前は正社員で、その時に親が私が結婚できないだろうということを見越して、家を買うことを進めたんです。で、今はその会社からリストラされた形でやめることになり、契約社員としてコールセンター勤務です。

前職と比べると給料も安くなってしまい、ローンの支払いがきついんですけど、節約しながら頑張っています。

3年務めると正社員の試験が受けれるらしいんで、頑張りたいなと思っています。正社員になってもそれほど待遇変わらないらしいんですけど、退職金とかボーナスとかが出るようになるんで、今よりはいいかなという感じです。

ローン返済におびえながら過ごしていますが、1LDKですけど家はあるんで、彼氏ができたら一緒に返済をしていけたらいいなとかひそかに思っています。

婚活もオーネットとか高いところには登録できないんで、安いところで登録してみようかなとかネットみて調べています。

それから、友達に紹介して!って合う人合う人に頼んであるんで、紹介してもらうことを楽しみにしています。

そんな私が、今日も活性酸素についてです。

酸素には活性酸素がつきもの!

酸素が依然危険な物質であることには変わりはなく、「活性酸素」がからだを酸化させる恐ろしい物質でなくなったわけではありません。そのため、生物は酸素を上手にコントロールし、活性酸素の害からからだを防御する必要性が出てきたのです。

この原始の好気性生物が、私たち人間を合めた、現在地球上で生活しているほとんどすべての生物の最初の祖先といえるものです。すなわち、生物が酸素を吸い込み、二酸化炭素を吐き出すという呼吸を始めたのがまさしくこのときからで、それ以降、生きるために酸素を利用し、生きるために″酸素の毒″、つまり「活性酸索」から身を守らなければならなくなったという矛盾を抱え込んだともいえます。

ちなみに、私たちの体内にいる乳酸菌や大腸菌、また地中にすむ破傷風菌などは、嫌気性生物の生き残りともいえるものです。

好気性生物は酵素の力を利用することで、より大きな活動のエネルギーを得ることが出来るようになりました。生物は酵素なしでは生きられず、しかも、その酵素から害を受けるという矛盾を抱え込みました。

酵素は身体に良いものっていうことしかしらなかったです。

昭和30年ごろまで、未熟児として生まれてきた赤ちやんが失明する″未熟児網膜症″という病気が続発していました。自力で呼吸することができない未熟児を特別な保育器の中に入れ、酸素吸入をして助けるという処置方法は、幼い命を救う最善の策であったはずなのですが、実は高い濃度の「酸素」が赤ちゃんの網膜を傷つけるという恐ろしい副作用を起こしていたのです。

酸素カプセルってありますけど、あれって赤ちゃんにとってはもしかしたら強すぎるものなのかもしれませんね。私は結構疲れもとれてすっきりするので好きなんですけど、大人にとってはいいものなのでしょうね。

この″未熟児網膜症″の研究の過程で、活性酸素の発生による酸素の毒性が明らかになり、今では酸素濃度が適切に調整されるようになりました。

空気中に、酸素は約五分の一含まれており、残りの五分の四は窒素です。この酸素の割合が大きくなると、動物の寿命が短くなったり、植物の種子が発芽しなくなるなどの現象が起こります。

さらに酸素が高濃度になると、人間も頭痛、呼吸困難、けいれんの果て、ついには死亡に至ります。急病人に対して救急車内で酸素吸人をしたり、海中でアクアラングのお世話になったりと、とかく酸素は濃いほどからだによいようなイメージがありますが、現実は、「酸素は必要だが、ありすぎても害になる」という微妙なバランスの上になり立っているのです。

調節が難しいですね。

100%の酸素濃度の中では、ネズミは一週間しか生されなかったという報告もあるほどです。酸素の害とは、具体的には「物質を酸化しやすい」ということです。さらに詳しくいうと、「活性酸素ができて、それが物質を酸化し、違う物質に変えてしまう」ことにより、細胞本来の機能を失わせ、からだに異常を発生させるということです。

そして、この性質はもともと酸素の原子構造によるものであるため、変えられるものではありません。「原子」はすべての物質の基礎になっているもので、簡単にいうと、原子核のまわりにいくつかの電子が回っている構造になっています。

それも自由気ままに勝手に飛び回っているのではなく、二個ずつがペアになって、一つの軌道を回り、そのような軌道が原子核のまわりに形成されているのです。となれば、人間の恋人同士のように、各軌道にきちんと電子のカップルができている状態が非常に安定した状態となるのですが、片方の電子がどこかへはじけるなり、他の原子に取られるなりして、一つの軌道上に電子が一つだけ(このような電子を「不対電子」といいます)になってしまうと、非常に不安定になってしまいます。

そこで、必死になって新しいパートナーを探し始めます。そして、適当な相手を見つけ、新しいカップルが誕生するのが、おなじみの「化学変化」という現象の本質なのです。