なぜ活性酸素は体内に悪影響を及ぼしてしまうのか?

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。コールセンター勤務です。

私は餃子とラーメンとビールっていう組み合わせがめっちゃ好きで、嫌な問い合わせがあったときはストレス発散にやってしまいます。

全然一人で渋谷の王将に入れちゃうんで、同僚の男の子に見られると、「また1人飲みかよー」なんて言われちゃいます。でもこれが至福の時だからやめられないんですよね。

タバコは控えめにしていますよ。肌をきれいにしたいので、我慢しています。代わりにガム食べたり飴なめたりしてます。

この間、サウナに行ってきました。サウナっていっぱい汗かくから気持ちいいですよね。私って冷え性なので、サウナでいっぱい汗かくのがすごくデトックスできたみたいで、老廃物が排出されてお肌すべすべになりました!

汗かくのっていいですね!ホットヨガとか、毎週通うのはお金かかるけど、サウナだったら毎週行ってもいいかなって思うので、美肌のために行ってみるのもいいかなって思いました。

これだけ汗かくってこと、運動してもないですからね。気持ちいいです。エステ替わりにサウナっていう手もありかも!

活性酸素について今日も研究です!

酸素は実は危険な気体です

活性酸素は不対電子を持っているため、近くの分子や原子から電子を強奪します。これが「酸化」です。

すると今度は、電子を奪われた分子自体が不対電子を持つことになりますので、一転、被害者が加害者に立場を変え、周辺の分子を襲って電子を奪い取ります。そして、その分子がまた隣の分子を襲って……と、このように、活性酸素が発生すると、電子の強奪合戦が連鎖反応的に広がることになります。

ではでは、この電子の強奪合戦が私たちのからだの中で起こったら、一体どうなるのでしょうか。私たちの細胞は次々に酸化され、正常な働きを失って、組織や器官にさまざまな障害や病気が引き起こされてしまいます。

活性酸素による酸化が本当に恐ろしいのは、この連鎖反応によって、障害が各部に広がることなのです。からだのさまざまな反応は″化学反応″です。

「生命」とは何かという問題については、最先端科学でもまだまだ解明できていないことだらけですが、こと生命「活動」に関していえば、すべて″化学反応″で説明できると断言してさしつかえありません。

ですから、今や化学的な説明を抜きには、からだの病気や健康については語れないのです。逆にいえば、化学の観点からからだの営みや健康を理解すれば、自然に本質が見えてくる、というものなのです。

ともあれ、これら活性酸素は、実は私たちのからだの内部でも発生しています。それも時折偶然発生するといった軽いものではなくて、四六時中、からだのあちこちで生じており、この人体内で発生する活性酸素こそが、私たちが本気で戦わなければならない相手なのです。

体をさびさせ老化させてしまいますから、なんとしても活性酸素をどうにかやっつけたいですね。

「活性酸素」の四人の悪たちがいます。活性酸素というのは一種類だけではありません。主なもので四つのタイプがあり、それぞれがお互いに密接に関係しているのです。

私たちが呼吸で普通に吸っている気体の酸素分子は、「三重項酸素」と呼ばれるもので、活性酸素の仲間には入りません。ただしこれも、空気に長い問さらされている鉄のクギがゆっくりさびていくように、弱いながらも酸化力を持っています。

先に述べた酸素分子の二組の不対電子のカップルのうち、一組がきちんとカップルにならず、チャンスがあれば他の原子のまわりを回っている電子とくっつこうと、いつも機をうかがっているからです。

この「三重項酸素」に絶好のチャシスが訪れ、何かの拍子に他から電子が一つ得られると、カップルが解消され、不対電子が一個できます。これが最もポピュラーな活性酸素で「スーパーオキシド」といいます。

これは二重項酸素に比べてはるかに酸化力(他の分子から電子を奪う力)が強いものです。次にこの「スーパーオキシド」が水の分子に働きかけ、「過酸化水素」をつくります。

この過酸化水素は不対電子を持ってはいないのですが、わずかなきっかけで不対電子ができてしまう不安定な物質なので、活性酸素一家の仲間に入ります。「過酸化水素」はオキシドールとも呼ばれ、傷口などの消毒液に使われることはご存知でしょう。ちなみに、「オキシフル」というのは商品名です。

これを患部にかけると白いあわが吹き出して、傷口がしみます。これは過酸化水素が患部についたバイ菌を「酸化」し、殺菌している証拠なのです。

小さいころ、よく転んでシュワシュワーってなるのを楽しんでみていました。最初は怖かったですが。

この過酸化水素もからだの内部でよく発生するポピュラーな活性酸素です。三番目は「一重項酸素」なるものです。これは三重項酸素の仲のよくないはずの一組のカップルの不対電子の一個が、カップルとして一つの軌道に入るのではなく、いわば相手の軌道に″押し掛け女一房″してしまったものといえます。

こういう感じに考えるとわかりやすいですね。

となれば、もといた軌道がからつぽになった状態になり、この一重項酸素には不対電子が存在しないことになります。が、しかし、この″からつぽの軌道″が二個の電子を強く求めるため、強力な酸化力を発揮するのです。

そして、最後に登場するのが、四つの活性酸素の一家の中で、最強のワル(笑)!「ヒドロキシルラジカル」です。

これは、過酸化水素が二つに割れた形をしており、強力な酸化力を持っています。ただし、弱点もあります。一般に、活性酸素がその形で存在している時間100万分の1秒といった単位で、非常に短時間であり、しかもこのヒドロキシルラジカルは、その中でも寿命が極端に短いのです。

人間でいえば、″太く短く″の人生とでもたとえたらよいかもしれません。以上のように、活性酸素は「スーパーオキシド」、「過酸化水素」、「一重項酸素」、「ヒドロキシルラジカル」の四人でファミリーを形成しています。

そして、これらのワルたちは、私たちのからだの中で互いに変身をくり返しているのです。たとえば、スーパーオキシドが過酸化水素に形を変えたり、過酸化水素がヒドロキシルラジカルになったりというのがそれで、電子のやりとりで頻繁に変化しているのです。

人の人生や生活に例えて考えてみるとちょっと面白いです。とにもかくにも活性酸素は体内にとって悪影響を与えるものなので、極力活性酸素を発生させないように気を付けたいと思います。

アラフォーの私にとっては老化はとってもこわいですー!!いつまでも若くありたいっていうのが世の女性の常ですよね。

酸素は濃度が高すぎても体に良くないんです

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。コールセンター勤務です。

私は、結構家に人呼ぶの好きなので、料理作って家のみをよくやっています。安上がりですね~。家のみって。

料理好きで、手料理をふるまっているんですが、結構みんな残すんですよね。美味しいって言ってくれるんですけど、まさか、そう思われていないなんてことあったりして(T_T)

この会社でずっと働こうって決めて家の場所も渋谷にしたんです。だから徒歩15分くらいで着くんで、時々給料日前でお金ピンチだと家に帰ってごはん食べに行きます(笑)

家から会社まで近いっていうのはありがたいことです。たまり場になりますけどね(笑)

でも、独り身だから、こうやってみんなが遊びに来てくれるのは寂しさを感じないので、これもまた彼氏ができない一因なのかもしれません。仕事終わってぐだぐだうちで飲んで、朝みんなが帰るっていうのもひどいと毎週やっています(笑)

もう学生じゃないんだし、こういうの良くないなと思いつつも楽しいからやめられないんですよね。

飲んだばっかりのダメな習慣をそろそろやめないといけないな~とは思っています。

そんな私が、今日も活性酸素について書いていきます(笑)

昨日の続きで不対電子のお話からです。

不対電子が化学変化を起こす

酸素原子は原子核のまわりに八個の電子が飛び回っている構造になっています。この八個の電子が二個ずつペアになって四つの軌道をそれぞれ回れば、八方丸くおさまるのですが、人間でもどうしても相性が合わない人がいるように、酸素原子の人個の電子の中にも、一つの軌道に入るのが互いにいやな二個の電子がいて、各々一つずつの軌道を孤独によわっています。

つまり、二個の不対電子があるわけです。そして、この二個の不対電子は、別の原子にパートナーを求め、他の原子から電子を略奪し、カップルになろうといつも機をうかがっています。

「化学変化」をしたくてたまらないからです。先に、「酸化」とは「物質が酸素と結びつく変化」といいました。

これは、小学校か中学校で習ったな~と何となく思われたかと思います。

この説明はもちろん正しいのですが、物質が酸素と結びつくとき、普通、電子を酸素の不対電子に奪われてしまうので、現在では酸化は「電子を奪われること」というように広く定義されています。したがって、今でいう「酸化」は、必ずしも酸素がなくても起こる現象といえます。

なんだか難しい化学のお話になってきましたが、酸化が必ずしも酸素を必要としないなんて驚きです!

酸素濃度の高い空気を吸えば、様々な障害が引き起こされます。100%の濃度の酸素は逆に身体によくないんですね。

土中に住む虫を使った実験では、酸素濃度が高いほど、死亡率が高くなるということがっ実験結果で判明されたそうです。

なぜ「フリーラジカル」と呼ばれるか

私たちが呼吸している酸素分子の化学式は02(オーツー)です。これは二つの酸素原子(0)の四個の不対電子のうちの二個が一組のカップルになり、やや安定状態に近い形といえます。

あらゆる原子の中で最も小さな原子は水素原子(H)で、水素原子の原子核のまわりには一個の電子しか回っていません。つまり、水素原子には不対電子が一個あるわけですから、二つの原子が結びついて電子が互いにカップルになれば、安定した水素分子になるわけです。

また、水の分子(H2O)は、一つの酸素原子の二個の不対電子と、二つの水素原子の不対電子が、それぞれカップルになってうまくおさまったものといえます。

しかし、このやや安定している酸素分子に、何らかの原因で他から電子が一個飛び込んできて、片方の不対電子とカップルになると、さて、どうなるでしょう。

残された方の不対電子は一人ぼっちで淋しくなり、猛烈にパートナーを探し始めるのです。このように、淋しい不対電子を持っているものを「フリーラジカル」といいます。ラジカルとは「過激な」という意味です。

足りない電子を補うため、相手かまわず攻撃を仕掛け、無理矢理に電子を奪い取る過激な一匹狼―それが「フリーラジカル」で、酸素が不対電子を持ってラジカルに変身したものが「活性酸素」なのです。

水素がH2Oとか、酸素がO2とか、文系の私にはなんだな懐かしい話ばかりで、こういう勉強をすることって大人になってなかなかないから、楽しいです。

水は2つの水素の不対電子と、酸素の2個の不対電子がカップルになって安定したものなのです。

電子がほしいために、ほかの物質から電子を奪うラジカルな酸素のことを「活性酸素」っていうんですね。こうして、酸素が活性酸素に変わるんです。

しばらくこんなに難しいこと勉強することなかったので、新鮮でした。最初は頭つかって大変でしたが、アラフォーでこういうこと勉強するのはちょっと楽しいです。少し勉強に目覚めました!少しは頭柔らかくなったかも!?

これを機にTOEICでも勉強始めてみようかと思ってしまいました。英語が苦手なんですが、英語は勉強しておいて絶対損になりませんからね!私はコールセンター勤務だから関係ないんですが、会社自体がTOEICのスコアを求めてきているので、私もいいスコアとって正社員への道にと考えています。

身体に良いといわれている酸素はなぜ活性酸素に変わるのか?

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。コールセンター勤務です。

前は正社員で、その時に親が私が結婚できないだろうということを見越して、家を買うことを進めたんです。で、今はその会社からリストラされた形でやめることになり、契約社員としてコールセンター勤務です。

前職と比べると給料も安くなってしまい、ローンの支払いがきついんですけど、節約しながら頑張っています。

3年務めると正社員の試験が受けれるらしいんで、頑張りたいなと思っています。正社員になってもそれほど待遇変わらないらしいんですけど、退職金とかボーナスとかが出るようになるんで、今よりはいいかなという感じです。

ローン返済におびえながら過ごしていますが、1LDKですけど家はあるんで、彼氏ができたら一緒に返済をしていけたらいいなとかひそかに思っています。

婚活もオーネットとか高いところには登録できないんで、安いところで登録してみようかなとかネットみて調べています。

それから、友達に紹介して!って合う人合う人に頼んであるんで、紹介してもらうことを楽しみにしています。

そんな私が、今日も活性酸素についてです。

酸素には活性酸素がつきもの!

酸素が依然危険な物質であることには変わりはなく、「活性酸素」がからだを酸化させる恐ろしい物質でなくなったわけではありません。そのため、生物は酸素を上手にコントロールし、活性酸素の害からからだを防御する必要性が出てきたのです。

この原始の好気性生物が、私たち人間を合めた、現在地球上で生活しているほとんどすべての生物の最初の祖先といえるものです。すなわち、生物が酸素を吸い込み、二酸化炭素を吐き出すという呼吸を始めたのがまさしくこのときからで、それ以降、生きるために酸素を利用し、生きるために″酸素の毒″、つまり「活性酸索」から身を守らなければならなくなったという矛盾を抱え込んだともいえます。

ちなみに、私たちの体内にいる乳酸菌や大腸菌、また地中にすむ破傷風菌などは、嫌気性生物の生き残りともいえるものです。

好気性生物は酵素の力を利用することで、より大きな活動のエネルギーを得ることが出来るようになりました。生物は酵素なしでは生きられず、しかも、その酵素から害を受けるという矛盾を抱え込みました。

酵素は身体に良いものっていうことしかしらなかったです。

昭和30年ごろまで、未熟児として生まれてきた赤ちやんが失明する″未熟児網膜症″という病気が続発していました。自力で呼吸することができない未熟児を特別な保育器の中に入れ、酸素吸入をして助けるという処置方法は、幼い命を救う最善の策であったはずなのですが、実は高い濃度の「酸素」が赤ちゃんの網膜を傷つけるという恐ろしい副作用を起こしていたのです。

酸素カプセルってありますけど、あれって赤ちゃんにとってはもしかしたら強すぎるものなのかもしれませんね。私は結構疲れもとれてすっきりするので好きなんですけど、大人にとってはいいものなのでしょうね。

この″未熟児網膜症″の研究の過程で、活性酸素の発生による酸素の毒性が明らかになり、今では酸素濃度が適切に調整されるようになりました。

空気中に、酸素は約五分の一含まれており、残りの五分の四は窒素です。この酸素の割合が大きくなると、動物の寿命が短くなったり、植物の種子が発芽しなくなるなどの現象が起こります。

さらに酸素が高濃度になると、人間も頭痛、呼吸困難、けいれんの果て、ついには死亡に至ります。急病人に対して救急車内で酸素吸人をしたり、海中でアクアラングのお世話になったりと、とかく酸素は濃いほどからだによいようなイメージがありますが、現実は、「酸素は必要だが、ありすぎても害になる」という微妙なバランスの上になり立っているのです。

調節が難しいですね。

100%の酸素濃度の中では、ネズミは一週間しか生されなかったという報告もあるほどです。酸素の害とは、具体的には「物質を酸化しやすい」ということです。さらに詳しくいうと、「活性酸素ができて、それが物質を酸化し、違う物質に変えてしまう」ことにより、細胞本来の機能を失わせ、からだに異常を発生させるということです。

そして、この性質はもともと酸素の原子構造によるものであるため、変えられるものではありません。「原子」はすべての物質の基礎になっているもので、簡単にいうと、原子核のまわりにいくつかの電子が回っている構造になっています。

それも自由気ままに勝手に飛び回っているのではなく、二個ずつがペアになって、一つの軌道を回り、そのような軌道が原子核のまわりに形成されているのです。となれば、人間の恋人同士のように、各軌道にきちんと電子のカップルができている状態が非常に安定した状態となるのですが、片方の電子がどこかへはじけるなり、他の原子に取られるなりして、一つの軌道上に電子が一つだけ(このような電子を「不対電子」といいます)になってしまうと、非常に不安定になってしまいます。

そこで、必死になって新しいパートナーを探し始めます。そして、適当な相手を見つけ、新しいカップルが誕生するのが、おなじみの「化学変化」という現象の本質なのです。

酸素は危険な気体でもあり人間が生きていくうえで欠かせない気体でもある

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。コールセンター勤務です。

タバコはもうやめるって周りにいってたんですが、実はやめてなくて、休憩で会社の外にある喫煙所でタバコを吸っているところをまさかの通りがかりの友人に見つかるっていう(笑)

なかなかないことですよね!知ってる人に勤務中にタバコ吸ってるところ見られるって!

うちの会社の喫煙所が外にあって、しかも道路に面しているから見えるんですよ。室内にあればよかったのに、ビル的に外の駐車場の前に喫煙所があるから、誰にでも見られてしまうんですよ。

お互い「あっ!」って。なって、でも友人も急いでたみたいで、会釈ぐらいで去っていきました。

渋谷なんで、確かに人通りも多いし、会社も多いから見つかるっちゃ見つかる場所ですね。
もっと奥の方で吸おうと決意しました(笑)

お酒はやめれてもタバコはなかなかやめれないですね~。本数は減らしましたけど。でも、この調子で少しずつ減らしていければタバコもやめられるに違いないと思っています。肌きれいにしたいし努力します~。

そんな私が、今日も活性酸素について書いていきます(笑)

酸素は実は危険な気体でもあるのです

その昔、ドイツの飛行船ヒンデンブルグ号がニュージャージーで、大爆発を起こしました。この型の飛行船は第一次世界大戦のとき、ドイツ軍によるロンドン空爆にも使用された時代の花形で、当時飛行船には浮力を得るための気体として、水素が使われていました。

その理由は、すべての気体の中で、水素が最も軽い気体であるためでした。水素って宇宙一小さな気体って言われてますよね。

しかし、水素は一方で酸素と混ぎるとちょっとした火花などで激しく酸素と結びつき、爆発を起こしてしまう危険な気体なのです。以後、飛行船には不燃性のヘリウムガスが使われるようになり、二度とあのような爆発を起こすようなことはなくなりましたが、この水素と酸素の反応でできるのがそうです「水」です。

こう考えていくと、酸素が非常に危険な気体であることがわかりますね。そんな危険な酸素を、では、なぜすべての生物が呼吸に利用するようになったのでしょうか。

そんなちょっと気になる化学チックなことを見ていきたいと思います。

酸素がないと生きていけない生き物にはどんな危険性があるの?

話は、地球に生命が誕生した40億年前のはるか昔にさかのぼります。原始の地球には酸素がなく、海は硫化水素という、私たちにはとても生きていけるような環境ではありませんでした。

しかし、そんな有毒の海にも、酸素を必要とせずに生活することができるバクテリアの一種が誕生しました。そして、やがて地球をおおつていた厚い雲がはれて、太陽の光が海面に注がれるようになると、その光のエネルギーを利用して光合成をする、植物の祖先となる生物が現れました。

「光合成」とは、小学校くらいの時に習ったと思いますが、水と二酸化炭素を原料として、自分で糖質などの栄養分をつくり出すという画期的な働きで、そのとき副一産物として酸素ができます。

光合成を習ったあとに、外に出る時に「ちょっと光合成してくるわ」とか言いませんでした?うちの学校だけでしょうかね(笑)

こうして、地球上に酸素が少しずつたまっていったわけです。大気中に酸素が増えるにしたがつて、オゾン層が形成され始めます。オゾンは酸素に紫外線が当たってできたもので、化学式はO3です。

このオゾン層が殺人光線である紫外線を吸収し、地球はしだいに安全な星へ変わっていったと考えられています。こうして、紫外線の恐怖が弱まった環境下で、植物の祖先たちは急激に個体数を増やしてさかんに光合成を行い、結果的に酸素がますます増加していきました。

だがしかし、先に述べたように、酸素は大変危険な気体なので、これまでの嫌気性生物(酸素を必要としないで生活できる生物)は、その毒性で死んでしまう運命にありました。

どちらをとるかという究極の選択ですね。どちらも助けるということが難しいという状況。考えさせられます。

しかしここで、生命の歴史の中での一大革命が起こったのです。その酸素をあえて利用して生きていこうと試み始めた生物(「好気性生物」といいます)が出現したのです。というのも、酸素は爆発性の高い気体ゆえ、その性質をうまく利用すると、逆に生命活動に必要なエネルギーを効率よく得られることができるからで、硫化水素をエネルギーとして利用してきた嫌気性生物に比べて、何倍ものエネルギーを楽に手に入れることができるのです。

これら「好気性生物」は、酸素を使った呼吸方法によって、より大きなエネルギーを得、これまでの嫌気性生物より、はるかに活発に動き回ることができる能力を獲得したのでした。

このことは、その後の生物の進化に大きく影響する事件でした。

これが私たち人間であって、動物であって、魚であって、植物であってということなんですね。こうやって、活性酸素のことから紫外線のこと、そして、酸素というのはということから、地球の誕生についてまで、勉強することが出来て、大学以来の研究ができて楽しいです。

あとは、タバコをやめて肌をきれいにしていくことに努めていこうと思っていますよ!

私って、タバコも吸うし、肉大好きだしビールと餃子をこよなく愛しているからなのか、最近体臭が気になる…。たまにヤバイって思うことがあって、気になっているのがわきが。わきがかも!?って思うことがあって、ロールオンタイプのを使ってるんだけど、あんまり効果が分からないんだよね。

恥を忍んで友達のケイちゃんに教えてもらったのが、わきが治療自宅でできる医薬部外品?を教えてもらいました。

活性酸素は体を錆びさせシミしわそばかす皮膚がんまで引き起こします

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。コールセンター勤務です。

コールセンターは休みっていうのがないんです。中には土日祝日休みの朝9時~夜18時までっていうお役所的なところもあるんですが、私が勤めるコールセンターは、年中無休の24時間対応です。

だから、早番、遅番っていうのがあります。この勤務形態は選べるので、私は早番です。普通に朝9時~17時半までの勤務で普通のOLさんと同じ勤務時間で働いています。

コールセンターは基本的に派遣か契約社員です。この雇用形態に私はいつも不安を感じています。前の会社でリストラに会って、今この会社で勤めるようになったのですが、全色よりも給料は下がっていますし、契約なので次の契約がもしかしたら終了になってしまうっていう恐れも無きにしも非ずなんです。

早く結婚してこの不安から解放されたいです~。今日は夜友人と婚活パーティなので頑張ってきます。

身体が酸化すると身体も錆びて病気を引き起こします

からだが「酸化」すると、物質が「酸化」されると、鉄がさびに変わる例でもわかるように、もとの物質とは性質の異なる別の物質に変化してしまいます。人間のからだより詳しくいえば、細胞の一つひとつも、酸化によって違う物質に変化してしまうと、もはや細胞本来の機能が働かなくなり、いろいろな障害を起こすことになるのです。

たとえば、皮膚が酸化されるとシミやソバカスができ、皮膚ガンの原因になりますし、脳細胞が酸化されると、脳梗塞やボケを誘発し、内臓が酸化されると、各種の病気を引き起こす、といった具合です。

実は、細菌やウイルス、カビなどの感染性の疾患を除いた、ほかのあらゆる病気のなんと九割までもが細胞の酸化によるものだというのが、現代医学の常識になりつつあります。

そして、その「酸化」を引き起こす張本人が、フリーラジカルと呼ばれる活性酸素なのです。

ですから、あなたが美しい肌を守り、いつまでも若さを保とうとするためには、からだ全体を「活性酸素」による酸化の害から守ることがきわめて重要なわけで、ひいてはそれが健康を維持していくことと同じ意味を持つことになるのです。

活性酸素は体を錆びさせるんです。そうなるとシミやそばかす、シワができ、やがて皮膚がんの原因にもなるのです。だから、体を錆びさせないようにするために注意が必要です。
紫外線予防をしたり、油も新鮮でないものを体内に取り込もうとすると錆びてしまいますから、スナック菓子を食べるときは開けたらその日のうちに食べるとか、こまごまとしたことを気を付けるといいかもです。

そもそも活性酸素ってなんなのだろうか

何よりもまずきちんと理解しておいてほしいのは、活性酸素(フリーラジカル)とは、からだを活性化する酸素のことではなく、意味としてはまったく正反対の、酸素自身が活性化して、″からだを傷つける酸素″であるということです。

一見、活性酸素っていう言葉自体がなんだか酸素が活性化されていいんじゃないかって思えてしまいますよね。

「活性酸素」はその強力な酸化力でもって肌にシミやシワをつくり、内臓にも障害を与え、果ては老化やガンまでももたらす、生命にとって最大最強の敵なのです。しかし、同時に、酸素は私たち生物が生きていく上で絶対なくてはならない気体であり、いうなれば、″命の水″ともいえるものです。

では、一体、「活性酸素」とは何者なのでしょうか。また、活性酸素と普通の酸素はどこがどう違うのでしょうか。これらのことを理解するためには、何はさておき、「酸素」という気体(物質)の性質を知る必要があります。

ここで、一本のロウソクに火をつけたと仮定します。ロウソクは炎を上げて燃え、それにつれてロウが溶けて、ロウソクはしだいに短くなっていきます。これは、実は芯が燃えているのではなく、ロウに含まれている炭素や水素の成分が、酸素と結びつき、二酸化炭素と水(水蒸気)に変化している現象なのです。

ロウが酸素と結びつくとき、エネルギーが発生しますが、これが炎や熱、光となって発散されます。前章で、鉄がさびるのは鉄が酸化されたためであることを説明しましたが、空気中で物が燃えるということも、同じ酸化という化学変化の一つの形だと理解してください。

この燃えているロウソクに、コップでふたをするとどうなるでしょうか。炎はしだいに小さくなり、まもなく火は消えてしまいます。コップの中の酸素がなくなるからです。すなわち、空気中で物が″燃える″ということは、その物質が「酸素」と結びつくことであり、「酸素」という気体には物が燃えるのを促進する性質があるのです。

言い換えると、空気中の酸素が、炎や熱をともないながら、物質を激しく「酸化」する化学変化が、″燃える″という現象なのです。「酸化」には鉄がさびるような穏やかな変化だけではなく、炎を上げて燃えるような激しい変化もあるということです。

酸素って本当に不思議で、身体に良い場合もあれば、そうでなくなる場合もあるんですね。なんか人と一緒ですよね。仲良かったかと思いきやそうでなくなるとか。使い方、付き合い方を間違えると害になるんですね~。

ちょっと感慨深くなってきてしまいましたので今日はこの辺で(笑)

 

と言う事でお肌に良いと評判のプラセンタ エイジングリペア お試し はココからチェックできるので確認せておいて下さいネ!

老化でできるシミも活性酸素が原因です!体が錆びないように注意が必要です

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。

私はコールセンターに勤務しているんですが、コールセンターっていう仕事は本当にストレスたまります。こんなに顔も見えない色んな人たちのクレームを聞いていると頭がおかしくなってきてしまう時があります。

発狂したくなる時もあります(笑)いや、本当に(笑)

だから、仕事終わりの餃子とビールが楽しみで。

最近はダイエットのために控えてるんですけど最近恋しくなってきました(涙)

この間あまりにニキビ酷くて皮膚科に行ってきたんですけど、ちょっと良くなってきたんですね。自分比ですけど。で、それを友達のYちゃんに言ったら、「えっ、どこの辺?」なんて言われてしまい、ショックでした(涙)

確かにニキビ肌だし肌きれいとは程遠いのは気づいてましたけど、増えたニキビが少し良くなったのみんなが気づいてくれないっていう事実に泣けてきちゃいましたよ~。。。

またタバコの本数が増えそうです。。。

老化の原因も活性酸素が原因

老化のシミも元凶は「活性酸素」です。特別に日焼けをせずとも、年をとると誰にも肌にシミができてきます。この老化によるシミを「老人班」といいますが、これは老化色素、またはリポフステンと呼ばれる物質によるものです。

そうなんです、結局シミは活性酸素が原因で作られてしまうものなんです。

この老化色素は、実際は肌はいうに及ばず、内蔵や脳など、からだの内部のあらゆる場所にもできます。「老人班」は老化現象のうちで最も日に見えてわかりやすいものの一つといえますが、この老化色素もまたからだが″酸化″されて生じる疑いが強いのです。

老化色素は、からだの脂質が酸化されてか配伽肺露という物質に変化し、それとタンパク質が反応してできるとされています。

このように、紫外線でできるシミ・ソバカスも、年をとって自然にできる「老人班」も、それらを生じさせる直接の引き金となるのが、フリーラジカル(詳細は後ほど)の活性酸素なのです。

酸化ってそもそもどういうことなのか

紫外線は、活性酸素を発生させて皮膚を酸化し、シミやソバカス、皮膚ガンをも引き起こすことがわかりましたが、そもそも「酸化」されるとはどういうことなのでしょうか。

鉄を参考にして考えてみますと、今はテフロン加工でさびないフライパンが使われていますが、一昔前の鉄のフライパンは、使わないとすぐにさびが浮き出てきます。柱に打ちつけた鉄のクギも、また風雨にさらされた古い自動車も同様です。

これらはすべて、鉄が「酸化」されたことを示しています。さびは、鉄が酸素と結びつき、酸化鉄に変化したものなのです。では、私たちのからだも鉄と同じように、「酸化」されるとさびのようにボロボロになってしまうのでしょうか。

悲しいかな、その答えはイエスなんです。それも、自動車よりももっと酸化されやすいといっても過言ではありません。

その最大の原因は、人間のからだが脂肪でできていることにあります。たとえば、揚げ物の料理で使うてんぷら油を思い浮かべてみてください。何回も繰り返して使用しているうちに、しだいに黒く変色してきますよね。

あんまり揚げ物やらないかもしれませんが、何回も使用していると薄い黄色だった油がどんどん黒くなっていくんです。私は揚げ物大好きなんで、良く一人で唐揚げ作ってます。

私しか食べないと思って、使いまわしているとどんどんどす黒い色に変色していくんですよ。これ、どこまで使っていいんだかわかんなくて黒くなるまで使ってました。

これは油が「酸化」された証拠で、人間の脂肪も油の一種ですから、同様に「酸化」されやすいものなのです。

しかも、人間は常に35〜40℃の体温を保っているため、キッチンに放置したままの油よりさらに酸化されやすいんです。そして、この酸化されて黒くくすんだ古い油(脂肪)はからだにとても悪いんです。

私結構使ってましたー!やばいですね。

最近の加工食品のほとんどが、真空パック詰めになっているのも、空気中のカビや細菌がついて食品を腐らすのを防ぐためというよりも、酸化防止のために使用されているんです。

食品添加物の中に酸化防止剤が入っているのも同様で、酸化によって味や品質が変わってしまうばかりでなく、からだに有害な物質に変化する恐れがあるからです。

特に、封を開けて長時間たったポテトチップスなどのスナック類は、からだにとても悪いのです。

ポテチ、よく食べちゃうんですけど、一袋一気に食べると太るからって思って、数日に分けて食べてました。でも使われている油がどんどん酸化されていくから逆に身体に悪かったんですね。

味自体そんなに変わらないし、しけってないから大丈夫かと思いきや、そんなことが行われていたなんてびっくりしました。

今度から、開けたらすぐに食べきるようにしようと思います。ポテチも小分けにされているといいですよね。今小分けにされているお菓子いっぱいあるから食べきりサイズのもっと小さいやつがあったら女性に受けるんじゃないかと思いました。

しかも50円くらいで買えたら最高ですよね。ブルボンのプチシリーズのコンソメポテチ良く買うんですけど、あれももっと小さいので小腹がすいたとき用の食べきりサイズの30円くらいでうってたら絶対OLに受けると思います。

少なくとも私は買っちゃいます。

紫外線による活性酸素はシワも作る原因!殺菌も出来るくらい強力なもの

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。頑張りましたよ禁酒!

金曜日は友達と焼き肉だったんで、肉とビール飲んじゃいました!焼き肉とビールってなんでこんなにおいしんでしょうね。幸せな気分になれます。しばらく禁酒してたらあんまり飲めなくなってました。

しばらくって言っても5日くらいなんですが、これだけ開けると、いつもの調子で飲めないんです。もう酔っぱらっちゃったからいいやって、これ以上は記憶なくすーって感じです。

食べなくなると胃が小さくなるって言われているように、飲まなくなると肝臓も弱く??なるんでしょうか。とにかく、外で飲むと高くつくんで、あんまり飲まなかったのはお財布にも優しく内臓にも優しくでよかったかもです。

シワにならないためには活性酸素を増やさないこと

シワになる原因も紫外線が関係しています。だから、やっぱり紫外線対策にUVケア商品を使っていくことが大切なんです。

紫外線は、単にシミやソバカスの誘因となるだけではありません。繰り返し紫外線を浴びると、皮膚は老化し、しだいにシワも刻み込まれていきます。

この原因となるのもやはり「活性酸素」で、皮膚の表皮や真皮を支える土台となっている″コラーゲン″というタンパク質や、弾力繊維の″エラスチン″が、紫外線によって発生し「活性酸素」によって酸化されるからです。

″コラーゲン″はひも状の繊維で通常は、整然と並んで肌の張りを保持しています。これが酸化されることによって複雑にからみ合ったり、数が減ったりして、肌から張りを奪っていってしまいます。

また、″エラスチン″は、肌に弾力や伸縮をもたらしていますが、やはり酸化されるとその機能が失われ、結果、皮膚をたるませ、弾力を奪って、シワを刻みつけてしまうのです。シワがいつも陽に当たる顔や首筋にできるのは、それが紫外線の影響によるものであることがその証明です。

私も最近首のしわが気になってきました。シワが深くなってきたなって感じます。それから新たな年輪が刻まれています(泣)ですから、首にも顔と同じように化粧水とクリームをつけてケアしています。それから、首のしわがひどくならないようになるべく歩くときは上を向くようにしています。

仕事でパソコン使うので、どうしても下を向きがちなんですが、これもなるべく気を付けないとなーと思っています。

紫外線が及ぼす肌への悪影響はまだまだあります。肌がみずみずしさを保っていられるのは、角質層が保湿機能を持っているおかげです。そして、その役割を果たしているのは″ヒアルロン酸″という物質です。

ヒアルロン酸はみずみずしいお肌を保つためにはなくてはならない成分ですよね。乾燥肌が酷いひとだとサプリメントでとっている方もいますよね。

ヒアルロン酸は糖が鎖のようにつながってできており、lgで5〜6ℓもの水を保持することができます。ところが、これが「活性酸素」に攻撃されると、鎖がいたるところで切れたり、複雑にからんだりして、水を手放してしまい、肌はかさかさした乾いた状態になってしまいます。

そして、最も恐ろしいのは、皮膚ガンを誘発することです。皮膚ガンと紫外線の因果関係については広く知られるところです。紫外線によって発生した「活性酸素」が、細胞の核の内にあって遺伝をつかさどるDNAの一部を破壊し、そのために異常な細胞ができ、暴走を始めるのです。

これが皮膚ガンの発生につながっていると考えられているのです。

オーストラリア東北部に住む白人に、皮膚ガンの発生率が世界一高いというデータがあります。そこは熱帯に属し、紫外線がとても強い地域です。加えて、ヨーロッパ出身のアングロサクソン系白人の彼らは、黒人や黄色人種に比べて、からだにメラニン色素が少なく、強い日差しに対する防御能力が弱いため、紫外線がガンの引き金になってしまうのです。

白いお肌あこがれてしまいますけど、確かに白いお肌の人は太陽光ですぐ赤くなってヒリヒリしてしまい、大変な状態だと水ぶくれになってしまったりしますからね。

ちなみに、地球上の生物を紫外線の害から守ってくれているオゾン層の厚さが100分の1だけでも減少すると、皮膚ガンの発生率が2%も増加すると計算されています。

もうこれかなり怖いですよね!2%って、少なく感じる数字に見えますけど、100人のうち2人が皮膚がんになるんですよ!地球って何億人いると思ってるんですか!?ってことです。

このように、紫外線は私たちにとって非常に有害な殺人光線となるわけですが、それは居活性酸素を発生させる一つの誘因にすぎないものであって、本当に恐ろしいのはそれによって発生する活性酸素の方だといえます。

身近な活性酸素の例を挙げると、日光消毒というものがあります。私たちは晴れた日にはよく、布団や座布団をベランダや庭に干します。夜寝るときにポカポカして気持ちよいから、という理由だけでやっている人が多いものですが、あれは実は、布団についている細菌類を、紫外線によって発生する「活性酸素」で酸化し、殺してしまうという重要な作業も同時に行っているのです。

活性酸素の力はそれほど強力だということです。

ですから、人間の体にとっては害ですけど、布団や衣類に付いた害虫を除去するには活性酸素はありがたいんですね。

洗濯物も乾燥機で乾かしてそのままっていう人もいますけど、布団やまくら、洗った洋服も外に干しておくと殺菌作用があるから、毎週・・・は無理かもだけど、なるべく干したいなと思います。

それだけ、活性酸素の働きは強力なんです。

 

 

 

 

そういえば友達に教えてもらった メディプラスゲル 芸能人 酵素洗顔凄い良かったよ、絶対由美もつかってみなよー!サイトお気に入り登録したらメールして。そしたらここ消しちゃうからシクヨロで~!!

太陽光線には放射線が含まれているからUVカット商品でUVケアが必要なんです

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。一人飲みが楽しいと感じてしまう完全なる腐女子です。休肝日を作ることを決意し、2日間、禁酒できています。これを今週末まで続けられれば…。と考えております。

金曜日に解禁して、金曜は飲みます(笑)

そして、女子の永遠のテーマダイエットも始めますよ。炭水化物ダイエットをとりあえずやってみようかと思っています。夜だけ抜いてみようかと思っています。朝昼はいつも通りで、夜だけごはんは食べません!

炭水化物は大好きなので、これは続けられるか不安が残るところです(涙)

でも、絶対に彼氏を作ってやるー!っていう野望があるからとりあえず始めてみます。

UVカット商品で必ずUVケアを怠らないこと

最近「UVケア」とか「UVカット」などの女性向けの化粧品、傘、ストッキングが色とりどりに並んでいますよね。この「UV」とはUltra Violet rayのイニシャルを取ったもので、つまりは「紫外線」のことです。

したがって、「エネルギーの強い紫外線から肌を守ります」というのが、「UVケア/カット商品」の特徴となります。

さらにいえば、紫外線は波長の長いほうからUVA、UVB、UVCの三つに分けられ、それらの紫外線より波長の短いものを「放射線」といいます。恐ろしい原子爆弾による放射能とはこの「放射線」のことで、レンントゲン撮影のときのX線もこの放射線ですね。

この事実からもわかるように、太陽は自然界に数々の恵みを与えてくれていますが、同時に恐ろしい放射線をも地球に向けて発射しているのです。

しかし、地球のまわりには電離層やオゾン層という層があって、「電離層」が放射線を反射して地球内部に入り込まないようにし、「オゾン層」が紫外線のUVCを同じく反射しているため、地球上の動物・植物は安全に生きていくことができるのです。

地球の環境破壊の問題で、よく「オゾンホール」という言葉を耳にしますが、冷蔵庫やエアコンなどの家庭電気製品だけでなく、工場の製造過程で洗浄剤として使われている「フロンガス」という気体は、この「オゾン層」を破壊し、穴を空けてしまうため、そこを通して太陽からの紫外線を大量に地表に射し込ませてしまい、結局は地球を死の星に至らしめてしまうのです。

これは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

それでは、紫外線に当たるとなぜシミができるのでしょうか。紫外線が強烈なエネルギーを持っている光であることはわかりました。一方で、この紫外線は、単に肌にシミやソバカスをつくるだけではなく、皮膚に深いシフを刻み込み、最悪の場合には皮膚ガンを引き起こす恐ろしい光線であることもわかっています。

人間の皮膚は、一番外側に角質層、次に表皮、基底層、真皮、皮下脂肪という層状の組織になっています。このうちの「基底層」ではさかんに細胞の増殖が行われており、新しくできた細胞は古い細胞を「表皮」から皮膚の外側に押し出し、「角質層」で最後にはアカとなって捨てられます。

これが俗にいうターンオーバーってやつです。

この一番外側の「角質層」は最も古い死んだ組織で、紫外線を反射したり、吸収したりして、からだの奥に達しないように防ぐ役割をしています。

ここまでは、ある程度どなたもご存知でしょうか。

さてさて、問題はこのあとにあります。紫外線が皮膚に当たると、実はそこに「活性酸素」が発生し、細胞を「酸化」するのです。「活性酸素」についてはのちほど詳しくまた別の機会で詳しく書いていこうかなと思っていますが、簡単にいえば、普通の酸素が活性化した″危険な酸素″のことです。

また、細胞が「酸化」されるということは、細胞が死んだり、本来持っている機能が働かなくなることを意味します。細胞が働かなくなると大変ですので、「酸化」されるという害がからだに広がらないように食い止めなければなりません。

そこで、登場するのが、「メラニン色素」なのです。「メラニン色素」はからだのどこにでもあるアミノ酸(タンパク質の原料)の一種チロシンが原料となって、化学変化によってできたものなのです。

メラニン色素もよく聞く単語ですよね。皮膚を黒くするやつです。

大切な細胞が、紫外線で発生した「活性酸素」によって次々に酸化されるのを防ぐために、チロシンが代わりに酸化され、その結果できるのがメラニン色素で、これが黒い日焼けの正体です。

そして、このメラニン色素には、紫外線を吸収したり、散乱させる働きがあるのです。その後、普通は、紫外線の影響がなくなると、メラニン色素は新陳代謝で角質層からとれていくものです。

ターンオーバーで剥がれ落ちて、元のお肌に戻るんですね。

ところが、それがきれいに掃除されずに、いつまでも肌に残ると、あのいまわしいシミとなってしまうのです。つまり、日焼け後のシミは、からだの防衛機能が、紫外線という手強い敵と戦った傷跡であるといえます。

こんないいかたするとちょっとかっこいいですよね。ターンオーバーは年齢とともに衰えてきます。周期がどんどん遅くなるんですね。そうなってくると日焼けをするとシミとして残りやすくなるんです。

身体の防衛機能だってだんだんと衰えてきますよね。私なんてアラフォーですから20代の時と比べると風邪も治りが遅いし、ニキビができればなかなか治らないっていう状態です。

だから、UVケアを怠らないってことが大事になってくるんです。気を付けなきゃです。

活性酸素はニキビも作り出します。ニキビは顔だけじゃなくて体中にできますよね。特に脂分が多い背中にもできます。顔はまだお手入れしやすいけど、背中は見えないし、お手入れしないですよね。

そうすると、気づかないうちに背中にぷつぷつニキビがいっぱいなんてことになっているんです。

そういう場合は、ニキビケア用の化粧品を使うのが一番早く治すことが出来ます。私が気になっているのがパルクレールというニキビケア用ジェルです。

パルクレールジェルの詳細はこちらから
↓↓↓↓↓
パルクレールジェル 背中

紫外線で日焼けするのはやけどと一緒!UVケアでシミそばかすを防ぐことは大事

絶賛婚活中のアラフォーOL綾子です。最近お酒がやめられません(笑)

主に家で一人飲みです。絶対に人に見られたくない格好して、なるべく健康にいいものでカロリーが低いものってことで焼酎の水割りとか梅干し割とかで渋く飲んでます。

おつまみは最初は白菜の浅漬けとかで飲んでるんですが、だんだんお酒が進んでくると、炭水化物が食べたくなっちゃうんですよね。家からすぐのコンビニで冷凍のたこ焼きとか買ってきちゃったりして。

こんな感じで一人家飲みしていることを男友達に話すと心配されます。分かっちゃいるけどやめられないんですよね~。仕事のストレス抱えてると。これが悪循環でまた肌にもよくないし健康にもよくないです。

来週からお酒は控えめにすることと、休肝日を作ることをここで宣言します!今日からやれって話ですよね(笑)

これは意外!美容と健康にいいと言われている酵素が実は老化の犯人だった。

人の顔やからだにシミをつくり、シワを刻み、老化させていくものの正体は、何を隠そう、私たちが一時も休まず呼曖をして吸い込んでいる「酵素」だったのです。「酵素」こそが人間に限らず、生き物すべてを老衰へと導く犯人だったのです。

でも、あれ?変だな?酵素ドリンクとか人気でサプリでも酵素をとっている人もいるし、中でも生酵素がいいよねなんて言われていたりするのに何で??って思われるかもしれません。

私も酵素ドリンク買っていたし、酵素は美容と健康にいいものだっていわれているし、酵素が何で老化の原因なの?むしろアンチエイジングにいいんじゃないの?って思っていました。

酸素というのは、地球上の生物が生きていくのに欠かせない気体で、酸素がなければ私たちはすぐにも窒息死してしまいます。いってみれば、酸素は命の水だといえます。そんな大切な気体が、なぜ「死」にも関わっているのでしょうか。

「生」と「死」の両方に関係するというのは明らかに矛盾している気がします。この矛盾を解くためには、「酸素」という物質の性質にスポットを当てる必要がありそうです。

また、そこに「老化」を遅らせる秘密が隠されている可能性もありますが、その詳しい説明に入る前に、日焼けをするとなぜシミやソバカスができるのか。そもそも「日焼け」とは一体何なのかを探って診たいと思います。

夏の暑い日、私たちの肌は太陽光線に長時間さらされると、日焼けをし、まるで炎症を起こしたかのように赤く腫れ上がり、やがて真っ黒になりますよね。実際「日焼け」は炎症そのもの、言い換えれば「やけど」と同じことなんです。

日焼けのときの炎症は、太陽の強烈なエネルギーによるものです。詳しくいうと、太陽の光のうち、「紫外線」という光線のエネルギーが皮膚を痛めつけるために起こる腫れです。

虹を見ると、太陽の光が七色に分かれているのがわかります。七色というのは便宜上光の色を区別したもので、本当のところは、太陽の光には、日に見える光と目に見えない光とがあります。

余談ですが、虹の色は日本では7色だとされていますが、国によって概念が違っていて、5色だという国もあれば、3色だという国もあれば、9色だという国もあります。同じ青でも濃かったり、薄かったりすると違う色だと認識しますが、青ければそれは全部〝青”だとしてしまう国もあります。

これは、言語や文化の問題で、見えている色は同じでも表現の仕方が様々なんです。おもしろいですよね。

本題に戻ります。

目に見える光は、赤から紫までさまざまな色が集まったもので、その色は光の″波長″によって決まっています。

光は波のように伝わります。その波長とは、光の波の山と山との長さのことです。よくラジオで、FM放送とか短波放送とかいいますが、これは電波の波長の長さを区別したもので、同じ″波″の性質を持ち、電波よりはるかに波長の短い「光」では、その波長の違いが「光」の色の違いになるのです。

目に見える光の色の中では、赤色の波長が一番長く、紫色の波長が最も短いのですが、太陽の光には目に見えない光が含まれています。赤色の光よりさらに波長が長いものを、赤色の外という意味で赤外線、紫色の光よりさらに波長が短いものを、紫色の外という意味で紫外線といいます。

そんな風に名づけられているなんて初めて知りました。聞けば納得ですが、あまり深く感がていませんでした。

これらは人間の目で捉えることができません。そして、これらさまざまな光の中で、波長の短いものほど強力なエネルギーを持ち、生物の体内の奥深くまで侵入して、細胞をこわす恐怖の破壊光線になるのです。

紫外線は目に見えないだけにどれだけ肌や細胞に影響を及ぼしているのかわからないっていうのも怖いですよね。知らないうちに壊されているんですから。

目に見えていればまだ気を付けようって思えますが、見えないものに関してはそれほど気を付けようっていう意識が薄れてしまいますよね。ここが良くないんですよね。だから、最近は外を歩くときはちゃんと日焼け止めを塗るようにしています。

会社に行くときの短い距離の時は塗ってませんが、少し外を歩く時間があるときは肌に優しい日焼け止めを塗っておくと安心です。

 

でこちらは絶賛好評販売中の 橋本マナミサプリメント これさえあれば健康的なダイエットお手軽にできちゃいますよ~!

小麦色の肌は美容に大敵!シミそばかすシワができる原因になる

30代後半突入の綾子です。頑張って婚活中してます。この間、街コン行ってきました。私の年齢だとちょっと高めなのかもしれませんが(笑)

でも、でも!40代の男性もいたからセーフって事で!どんなところだろうと知りあえればいいんです。私ってお酒飲むとついちょっと失礼なこといっちゃうから、初対面の男性に引かれちゃうときあるんですよね。

気を付けなきゃって思って、今回はお酒を控えめにしてみました。だがしかし!今回の街コンでは収穫なしでした~。これは飲むっきゃないって思い、やけ酒しました。そして、大好きなラーメンをしめに…。これって腐女子街道まっしぐらですよね。

またお肌ボロボロの原因になってしまいそうです。

さてさて、今回は、小麦色の肌は美容には大敵ということについてお話していきたいなと思います。

しみ・そばかす・しわができる原因とは?

お肌にダメージを与える原因っていっぱいあります。ダイエットもそうだし、キャンプやアウトドアも外にずっといると紫外線でダメージがあるし、だからと言って、パソコンにずっと向き合って仕事していてもそれはそれでお肌に良くないんですって。それに、エアロビも酸化する原因があるから肌にはあんまりよくないとか。ダイエットには良いですけどね。

そんなこんなで、調べてみました。

「活性酸素・フリーラジカル」というのは、医学界では近年とても注目されている分野なのだそうです。「酸化作用」がからだの細胞や種々の組織に害を及ぼすことは、十年以上も前から指摘されていたことですが、「活性酸素」をはじめとするフリーラジカルというものについての詳しい研究が進むにつれて、その害が広範囲に渡って悪影響を及ぼしていることが、しだいに明らかになってきたからです。

お肌だけでなく身体全体にも活性酸素は悪影響を及ぼすんですね。

人間のからだはとても複雑な構造をしているので、すべての機能障害や疾患をただ一つの視点から判明することはできません。とくに「皮膚」における疾患に関しては、原因はこれと特定できにくい場合が少なくないのが実情なんです。

実際には、個人的・社会環境的なさまざまな要因が絡まって、その害が相互に作用し合って、目に見える障害の一つひとつが引き起こされているのだと考えられています。

しかし、活性酸素が人体の「老化」に深く関わってて、ある種の疾病の主要な原因となっていることも疑う余地はないのです。「老化」によって、からだにはいろいろな不具合が現れ、肌にはシミができ、シワができます。

その意味では、活性酸素対策を行うことは肌の健康を守ることになりますから、同時にからだ全体の老化も防ぐことにも繋がります。一般に、肌の曲がり角は二十五歳なんてよくいわれますけど、肌の年齢には大きく個人差があり、早い人では二十歳を超える頃から衰え始めるとのことです。

確かに、私の友達ともちゃんは、羨ましいくらい肌がきれいで20代の子なんかより全然きれいなんです。悔しいから本人には言わないけど(笑)うん、悔しい(笑)

そのためにも活性酸素についての理解を深め、肌を初めとして、からだのケアを考えるのに早過ぎるということはないんです。活性酸素に負けない抗酸化力をつける方法、日常生活での注意点などを詳しく調べていこうと思います。

これで肌がめっちゃキレイに生まれ変わることを期待し、必ずかっこいい彼氏を見つけて結婚します。やっぱ、男性って肌キレイな女性にあこがれたりするんですよね。ま、汚いよりは絶対綺麗な方がいいし。

若い肌はみずみずしく、艶やかに輝いて、弾力性があります。どこを見渡してもシミひとつなく、しなやかで、新鮮この上ないものです。あー羨ましい!!

それは旺盛な新陳代謝によつて、皮膚が日を追うごとに次々と新しい細胞に入れ替わり、常に活きのよい細胞がからだの全面を覆っているからなんです。ターンオーバーって大事!

そして、誰しもこの若さが永遠に続くものだと錯覚してしまう時期がありませんか。私はそう思ってましたよ(笑)

でも、残酷なことに、老いはすべての人に平等に、忘れることなく訪れるんです。ゆつくりと、けれども着実に一歩一歩近づいてきます。月日が流れるのに重ね合わせるように、肌にはシミができ、深いシワが刻み込まれていきます。恐ろしいけど、わたしも日々老いを感じます。ニキビが全然治らなくなってきたし…。あー恐ろしや(T_T)

それは人生経験の数を表すと納得できればよいのですが、現実はそう簡単に割り切れるものではありませんよね。老化による肌のシミやシフは、寿命のある身には決して避けることができない宿命だとしても、もしその時期を遅らせることができるならば、可能な限り遅くしたいものではありませんか。少なからずとも私はそう思っちゃいます!!

私たちは年齢を重ねることを「年をとる」といいますが、「老化する」とはいいませんよね。老化とかいう言葉あんまり使いたくないし(汗)

60歳でも肌の艶がよく、動きもはつらつとした人がいるかと思えば、逆にまだ20歳代なのに肌は荒れていて、全体的に老けた印象の人も大勢いますよね。「老化」ってどうやら人によつて訪れる時期がずれているようです。友人ともちゃんは私と同い年なのに、もはや美魔女です。くっそー笑

そのために、世の女性たちは大金をかけまくりで涙ぐましい努力を続けているのが現実です。私たちは、シミ・ソバカスの原因の一つに、太陽光線による日焼けがあることは周知の事実ですよね。

確かに、若い女性のこんがりと焼けた小麦色の肌は健康的な魅力がありますが、その後には醜い茶色いシミに悩まされることになります。この憎むべきシミは、一体どのようにしてできるのでしょうか。

実は、最近の医学の研究では、強い日差しでできるシミに限らず、老化といわれる肌の衰えや目が見えなくなる白内障なども、すべて同じことが原因だとわかってきたのです。そればかりではありません。日焼けによるシミ・ソバカスも、人間が老いてやがて寿命が尽きて死んでいくことそのものと密接に関係していることがしだいに明らかになってきたのです。

今回は、シミ・シワ・そばかすの原因についてみてきました~。老化って人それぞれでゆるやかに始まる人もいれば、私みたいに20代くらいから始まっちゃう人もいるんです。ほんと悔しいんで、私も40代になったら美魔女って言われるように今から肌改善に向けて日々邁進していきます。

次の婚活に向けてパックかな!

それに、黒ずみも気になるところ。夏に向けてじゃないけど、脇の黒ずみ対策もしたいなと思う今日この頃。いっぱい気になるところがあるけど、お風呂に入るたびに思う脇の黒ずみ。この間姉と話していてこれいいよ!って言ってたのがピューレパールっていう脇美白クリーム

脇の悩みに特化された脇の美白クリームで、口コミでも評判もいいみたいなんです。